自然・災害2
(Quora アーカイブ 2018/04〜)


 

2018年06月14日:日本が火山の爆発で沈没する可能性は?

2018年04月12日:風力発電の問題点は何ですか?

  

  

  


 
 
戻る


 
 

 ■2018年06月14日:

Q:日本が火山の爆発で沈没する可能性はありますか?

 日本列島全体が、火山の爆発によって水没する可能性はありません。
 もちろん、プレートの挙動によっては数億年後に日本列島が水没している可能性も無いとは言えません。また、同様に朝鮮半島と本州が陸続きになったり沖縄南部とフィリピン諸島が接近する可能性もあります。ただしその頃には今と同じ人類はもう居ないと考えられるので、目撃することはできないでしょう。
 比較的近い将来(と言っても1万年以内くらい!)に、いわゆる大規模カルデラ噴火が起きる可能性はあります。仮に喜界カルデラや姶良カルデラなど南九州のカルデラ群で同時に大噴火が起きたとしても、最大で九州島の南半分が吹き飛ぶ程度で、日本列島全体が沈没することはやはり考えられません。


戻る    先頭に戻る

 

 
 

 ■2018年04月12日:

Q:風力発電の問題点は何ですか?

1.風切り音、低周波振動、回転翼による光のちらつきなどが酷いため、近くに民家がある場所では公害問題が生じて設置が難しい。
2.そのため、近年では洋上設置が中心となっているが、塩分による腐食防止の決定的な方法が確立されてないため耐用年数が不透明。また、沿岸の漁業者への補償問題が生じる。
3.太陽光に比べれば、天候による発電量のばらつきは少なく夜間も発電できる点で優れているが、ポール状の巨大建造物のため、台風のような異常な強風によって倒壊・破損する危険性が高い。
4.最後に、風力発電だけの問題ではないが、既存電力会社の送電網に頼るため、系統接続の拒否や不当な課金を迫られるなどの問題があり、未だに解決していない。


戻る    先頭に戻る