Arno Babadjanyan

  

 
トップ写真

 Arno Babadjanyan (1921 – 1983)  旧ソ連支配下時代に活躍したピアニスト・作曲家である。(Babadjanian, Babajanian とも表記)
 幼い頃、音楽の才能をハチャトゥリアンに見いだされ、17歳でイェレバンの国立音楽院に進んだ。その後モスクワでさらに学ぶ。1947年、プラハで行われた国際青年音楽コンクールに参加、広く知られるようになった。
 古典音楽に限らず、ポップス、ジャズ、ミュージカルなど多くのジャンルの作曲を手がけ、日本でも(百万本のバラなどで)知られるアラ・プガチョワなどの有名歌手が歌うなど、旧ソビエト連邦の人気作曲家でもあった。
 ソビエト人民芸術家の称号を得ていることもあってか、母国アルメニアだけでなく現在のロシアでも依然として人気があり、彼の作品によるコンサート番組などもテレビ放送されている。なお、故人であるので通常の「公式サイト」は無い。下のリンクは、ロシアで開設されている「記念サイト」のようなものと思われる。また、babadzanyan.narod.ru というサイトでは、上記の音楽番組のビデオが公開されている。

(出典:Art - Republic Of Armenia , Armeniapedia )

goto official site     goto video and sound


戻る